肝臓がんの原因を知ろう|国民病に負けるな

先生

大腸がんに注意

カウンセリング

早めの検査が大切

しっかりと食事と睡眠をとっているにもかかわらずしつこい便秘の症状が続いたり、あるいは便秘と下痢を交互に繰り返すようなときは病院で検査を受けましょう。便秘や下痢の症状のほとんどは一過性のもので問題のない場合がほとんどですが、しつこい便秘や下痢を繰り返す症状は大腸がんの初期にも見られます。ほかにも臭いの強いガスが頻繁に出たり定期的に下腹部に痛みを感じたりする症状をはじめ便に血が混じる潜血便などが頻繁にみられるようになります。大腸がんは中高年以降には比較的多いがんとなっているので40代以降でこのような症状がみられる方は念のため早めに検査を受けておくことが大切です。おなかの不快感や不調が長引く場合はまずは病院で検査を受けましょう。

検査方法が充実しています

平野区の病院では大腸がんの早期発見に力を入れています。大腸がんは国民の死亡原因の中でも高い部類に含まれますが、早期に発見し治療を行えば比較的予後の良いがんの一つとなっています。そのためおなかに不調を感じたときには早期に検査を行うことが大切となるのです。大腸がんの検査は検便検査や内視鏡検査をはじめ様々な方法があります。検便検査ではまず便に潜血が混じっていないかをチェックします。潜血便が確認できる場合にはさらに詳しく調べるため内視鏡検査による腸内のチェックやCTやPETなどを使用してがんの有無を調べることになります。平野区の病院ではこれらの検査をワンストップで受けることが可能です。検査によって見つかったのがポリープなどの良性腫瘍の場合は内視鏡検査によって日帰りで切り取る措置も可能となっています。平野区に住んでいる方でおなかの不調を感じている方は検査方法が充実している平野区の病院で検査を受けてみましょう。