肝臓がんの原因を知ろう|国民病に負けるな

看護師

家で治療ができる

女性

在宅医療の良いところは、自宅で医療サービスを受けることができるので通院ができない患者の方も自由に診療を受けられると言うところです。世田谷区では、在宅医療を促進しているクリニックも多数ありますので利用しやすいことも特徴です。

More...

大腸がんに注意

カウンセリング

平野区の病院では大腸がんの早期発見と治療に力を入れています。検査方法は検便検査をはじめ内視鏡検査やPETなど充実しているのが特徴です。大腸がんは早期発見と治療が大切な病気です。おなかの調子がすぐれないことが多い方は念のため平野区の病院で大腸がんの検査を受けるようにしましょう。

More...

鼠径部に膨らみを感じたら

病棟

鼠径ヘルニアだと自覚があっても、生活に問題がないため放置をしている方もいるはずです。しかし、鼠径ヘルニアを放置し続けていると、治療のための手術が面倒になりますので、簡単に治したいなら初期段階で診察を受けましょう。

More...

沈黙の臓器に対する策

看護師

早期発見には検査が必要

肝臓がんは、原発性のものですと肝細胞がんと胆管細胞がんに分類されます。ただ、占める割合が肝細胞がんが9割、胆管細胞がんが1割となっていることから、通常、肝臓がんというと肝細胞がんのことを指します。日本の肝臓がんの治療成績は非常に優秀であり、世界でトップクラスです。但し、そうであっても、早期に治療を受けた方が、より良い治療結果が期待できるのは当然のことです。ただ、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、悪くなっても自覚症状が現れにくいという特徴がありますので、早期に治療を受けることは難しいことなのです。そこで役に立つのが、検査です。検査を受ければ、自覚できない異変も判明しますから、検査は非常に有効であり、実際、健康に留意している人は、定期的に検査を受けているものです。

肝炎ウイルス検査が有効

肝臓がんはCTやMRI等といった検査を受ければ、小さいものでも発見することができます。ただ、もっと有効な検査があります。肝臓がんは他のがんとは異なり、一歩一歩、段階を踏んだ後に発症します。一般的に、まずはC型、もしくはB型肝炎ウイルスに感染します。そして急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変等になって、肝臓がんを発症するのです。このように肝炎ウイルスの感染が大元の原因となりますので、肝炎ウイルス検査を受ければ、早期の発見は可能、それどころか発症を阻止することも可能となります。肝炎ウイルス検査は、女性ならば妊娠した時に受けますが、男性は必然的に受ける機会というのはないのです。しかし、男性の方が肝臓がんを発症する割合は高くなっていますので、男性は積極的に肝炎ウイルス検査を受けるべきです。もちろん、受けたことがない女性も受けるべきでしょう。肝臓がんになった際には、がんのステージに合わせて、放射線治療や化学療法、手術療法が行なわれます。自分に最も合う治療がどれなのか、医師と相談しながら決めましょう。